最近「夢」をみることなど殆どない。
若いときは種々の夢をみたが・・・。うれしい夢、たのしい夢、
悲しい夢・・・と。
この頃は、どうして夢をみないのだろうか。希望をもたない
からだろうか? それとも加齢からなのか?
普通、夢は睡眠中にみるものであり、過去にみた夢はいつも
物語性が存在していたような気がする。
時には自分が主人公であったり、脇役であったり、見物客で
あったり、様々であったと振り返る。

さて、先週の土曜日は出張ゼミということで、多摩草むらの会
を訪問させていただいた。
風間代表から「草むら」の由来をお聞きしたが、なるほど、
それで「夢うさぎ」かと理解できた。
理念に「はたらく」とは「夢を追うこと」と記されている。そして
楽しい夢を追い続けられる法人を目指すとも書かれている。
だから、施設の名称には必ず「夢」の一文字挿入されている
のも此処からきていると推測できた。

睡眠中の夢は架空のドリーム、「多摩草むらの会」風間代表
理事の夢は、現実を追っての「夢」  ― 素晴らしい―

                               ヤマウチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「夢」への1件のフィードバック

  1. 山内さん
    おはようございます!
    夢を追いかけている人ほど輝いているように思います。
    エベレスト登山に成功した三浦さんも「夢はあきらめないかぎり実現できる」と話していました。
    我々の現実の夢も実現しますように・・・・(^^)