木の名札を取りにモリスへ行くの巻

皆さま、おはようございます。

M1のあづちゃんこと杉山宏です。

先日、皆さまの木の名札を作っていただいている

一般社団法人モリスさんの作業所へ、新入生分の

名札を取りに行ってきました!

モリスさんの慈悲尾(しいのお)作業所では、

障がいを持つスタッフの方々が中心となって

静岡産の地場の間伐材を利用した

木工品製作・販売をされています。

思いがけず作業所をご案内していただけることとなったのですが、

元気な挨拶をしてくださるスタッフの方々の笑顔や、

活き活きと働かれている様子が、とても気持ちの良い職場でした。

訪問してしばらくたった時、私たちの木の名札のほかにプラスして

サービスでつけてくださっているあるもの(何かは名札をお渡しするまでのお楽しみ)

が、1名分足りないというハプニングが起こりました。

直ちにそのおまけの1個を作る作業が始まり、その工程を

一から見せていただいたのですが、ご厚意で作ってくださっている

ものにも関わらず、丁寧に、心を込めた手作業をしていただいて、

感激の思いでいっぱいになった次第です。

また、ミスをして涙ぐんでいるスタッフに、代表理事の清水さんが、

穏やかに、包み込むように指導をされている姿も印象的でした。

後でお話を聞かせていただいた際、「ここでは障がい者だからといって、

仕事に関して甘く見ることはしない。」とおっしゃっておられましたが、

厳しくもあたたかい眼差しでスタッフに接しておられる

清水さんは、まるでみんなの大きなお父さんのようでした。

モリスさんでは、ほかにも作業所をお持ちとのことでしたので、

ぜひ今度は皆さまと一緒に、視察に伺わせていただきたいと
思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「木の名札を取りにモリスへ行くの巻」への1件のフィードバック

  1. 杉山さん
    こんにちは!
    モリスさんは都内にあるのですか?
    それにしても素敵な体験をされたと思います。
    身障者の方が一生懸命に働いている姿をみると「健常者である自分はもっと何かできるに違いない」と言うような気づきを貰えます。
    そういえば29日のゼミの時には配らなかったですよね・・・?^_^;