ひとりじゃない カラオケ???

木曜日担当の宇佐美です。

  いつも小ネタにてブログを書かせて頂いていますが、
  今日は物ではなく、コトの話です。

  以前、カラオケに行きたいけど、音痴、周りと歌う
  ジャンルが違って周りがノッテる時に歌い込んだバラードを
  聞かせると皆引いてしまう。
  などなどの理由で1人カラオケという形が登場。

  カラオケ店も1人カラオケ用の狭いが音響に優れている
  部屋が出来たりと何かと話題になりました。

  しかし、そんな1人カラオケに行っていた人達にも変化が…。
  ひとりじゃやっぱり寂しい。と言う新しいニーズが生まれ、
  こんな事が起きています。

  それはあるアプリを使うと指定した時間にカラオケ店に
  初めて集う人達が集まる。

  当然、名前も歳も何やっている人かも知らないのに
  自分の歌いたいジャンルの人達が集まり歌い盛り上がる。

  歌のジャンルとはアニソン(アニメソング)、バラード、
  90年代J-pop やアーティストによる仲間集め、
  例えば先日、NYヤンキースに移籍したビックベースボールマン
  も好きだと言っていたモモクロなど。

  不思議なのは集まった人達にはあまり興味がないようで
  何時間か一緒に歌っているメンバーの名前も最後まで
  覚えていないなど。

  しかし、共通の価値観、目的を持てば人は1つになれるという事を
  正に実証しています。

  この仲間に同じメンバーでの次があるかは分かりませんが、
  新しいコミュニティづくりの1つかも知れませんね。

  私事ですが、人前で歌う事はほとんどなく、歌は昭和、特に
  叔母達が若い頃聴いていた、グループサンズの歌しか歌えません。

          M2 宇佐美

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「ひとりじゃない カラオケ???」への1件のフィードバック

  1. 宇佐美さん
    こんにちは!
    へ~、そのような事が起きているなんて始めて知りました。
    どのような人たちなのでしょうか?
    宇佐美さん、音痴なのですか・・・・僕も歌は苦手で人前では歌うことできません^_^;
    一人カラオケも言った事ありませんが、他人を呼んでまで歌いたいという人がいるんですね(^^)