風評被害のこと

皆さま、おはようございます。
M1の原口です。

昨日は、石坂産業さんへお邪魔しました。
広大な敷地に自然環境を十分配慮した、本来の産廃という仕事を覆す会社でした。

私は、高校から、この近くの航空公園に住んでいました。当時は既に静岡へ移り住んで
いましたが、毎日のようにダイオキシン問題で、近くが放映されていたことを思い出します。
放映は過剰で、小さい息子を実家に連れて帰ることを考えてしまうくらいでした。
農作物は全て廃棄処分で、狭山茶も大きなダメージを受けていました。

本当に風評被害というのは怖いものです。
夏合宿でお邪魔して阿部長さんも魚業界では、まだまだ大手からの取引の難しさを
聞いています。同じ、食品を扱うものとしては、過度なマスコミの伝えが、日々の注意を一瞬にして
吹き飛ばします。報道の自由度ランキングでは、日本は59位(180ヶ国対象)だそうですが、
昨日は、視察しながら色々と考えさせられました。
継続している企業は、資本力や経営力はもとより、トップの強い精神力が必要なのかなと。

今日は、実家の朝です。
部屋から出ると上げ膳据え膳が待っています(笑)
皆さま、素敵な日曜日をお過ごしください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「風評被害のこと」への2件のフィードバック

  1. 原口さん
    こんにちは!
    石坂社長さんはたんたんと話されていましたが、「倒産するかもしれない」というもの凄いプレッシャーの中での再建だったハズ。
    本当に芯の強い方だと思いました。