西水美恵子氏の講演を聞きました!

研究生の笹尾佳子です。
先日、セミナーで元世界銀行副総裁 そして、「人を大切にする経営学会」の代表理事でもある西水美恵子氏の講演をききました。
「国をつくるという仕事」「あなたの中のリーダーへ」の著書を読んで自分は足元にも及ばないけれど、少しでも近づけたらと願っていました。

「人の世に変わらぬものは変化のみ」「国造り、組織づくりは、人づくり」「危機感は深いところで共有、ハートで共有する」「リーダーシップはリーダーの本気度できまる」「本気で一体となるチームをつくりなさい」「目的と手段を混同してはいけない、経済成長は手段である」等々、一つ一つの言葉が重く、とても小柄な方なのに、そのオーラ―に圧倒された1時間でした。
最後に、今年、「Happiness is good for business」を実践する会社が日本で50%いっているという初夢を見たとおっしゃられました。そして、この秋、坂本教授を中心に「人を大切にする経営学会」が立ち上がった。これは夢ではないのですとも。

最近、自社の研修の最後に、「会社としては、全く実現できていないのですが、いつか、このような会社にしたいと思っています。」とあえて、自戒もこめて、以下の西水氏の本の一節を話しています。

「私がほしいのは、毎朝出勤が待ちきれないほどいきいきと楽しく働ける職場と、帰宅や週末が待ちきれないほど幸せな家庭。皆もそうでしょう。この改革は、私たち一人ひとりが力を出し合って、皆でその夢を追うことだと思う」こんな会社、組織に私はしたいと思います。と。

しかし、メンバーに語るたびに、「お前の本気度が足りないから、実現できていないのだ」という当たり前の事実に
愕然とします。あらためて、「リーダーシップはリーダーの本気度できまる」という言葉を心に刻みつけていきたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「西水美恵子氏の講演を聞きました!」への2件のフィードバック

  1. 笹尾さん
    おはようございます!
    >これは夢ではないのですとも。
    西水さんの正夢になりますように!
    >あらためて、「リーダーシップはリーダーの本気度できまる」という言葉を心に刻みつけていきたいと思いました。
    自分も本気が出せるように前向きに取り組んで行きたいと思います。