大阪視察

今週前半は、大阪の企業視察に行ってきました。中国のお正月である春節休暇の期間だったので、難波の町は多くの中国人観光客で賑わっていました。

今回視察した企業も、各社素晴らしい経営をされており、有意義なものとなりました。

大阪で創業し、経営の神様と言われた松下幸之助の言葉に「経営理念が確立出来れば、その事業は半分成功したようなものや」があります。

更に幸之助は、事業を成功させる以下の3原則をあげています。
1、経営理念の確立と浸透 50%
2、社員一人ひとりの能力を引き出す環境づくり 30%
3、戦略・戦術 20%

今回の視察で改めて感じたことは、この3条件は着手する順番ではなく、着手は同時。場合によっては、戦略・戦術が優先するということです。

特に創業時や苦境脱出時は、経営者が一心不乱に事業に打ち込み、他社との違いを明確にし、非価格競争の領域で、製品やサービスを提供し続けることが、不可欠要素になります。

以上、大阪商人の熱意と才覚を肌で感じた視察でした。

今日も皆さまにとって素晴らしい一日になりますように。

春木清隆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です