チョークが飛んできた恩師始め、6人の恩師の半分が他界した

土曜日は、長野県立屋代高校の45年振りの同窓会だった。280名の内92名が出席した。旧制中学からだと近々、100年らしい。

三年間、毎年クラス替え、三年生は文系と理系に別れた。

高校卒業後、東京に行ったので、故郷を離れた連中は行方不明だったらしい。マンドリンクラブの部長をやっていたので幹事の中にマンドリンクラブの同僚がいたので、そこから案内がきて行方不明から脱却。

親しい仲間も行方不明なので翌日会った。学生時代のアルバイトから会社が上場し、最後は執行役員で定年退職した。高校時代の麻雀仲間、競馬仲間でもあった。先週、新装の東京競馬場に行ったとのこと。スマホの待ち受け画面にお馬さんの写真が。発走1分前までネットで投票できるらしい。楽しんでいる。

もう一人は、司法試験を目指したが、田舎に戻り、夜勤で早朝までの勤務らしい。63歳前後になると夜勤から早朝勤務の職しかないらしい。

麻雀仲間のもう一人は東京で麻雀、競馬仲間だったが消息不明。

定年退職前から学習意欲に火がつき、大学院へ。昨年末から年初で修士論文を書き上げた。同窓生からは高校時代から歩き方も変わっていないとの声。

定年後に経営者の親身の相談相手 株式会社を立ち上げ、使命に向かって邁進する私、
大学卒業後、故郷に就職した同窓生、社長に不満だが65歳までは務めるらしい。会社はトップ次第の私の言葉にしまっと思ったようだ。

マンドリンクラブの同窓会を夏に開催することにした。7月に鳩が多く鳩祭が開催されるのでその後にするか^ – ^

同窓会館が春にオープンする。

280名中、女子は3名、2名が参加した。
最初の写真の二列目の真ん中が私。
チョークが飛んできた恩師始め、6人の恩師の半分が他界した。同窓生の他界者は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です