5年間で511万人が減少!

驚きの数字・511万人!

2015年に行った国税調査の速報値がネットで調べられます。

総人口は2010年の1億2,807万人から95.7万人が減少

驚くのは、15歳~64歳の生産年齢人口が、なんど511万人も減少したこと。

この数字は福岡県の総人口510万人よりも多いということにもビックリです。

ちなみに2010年に内閣府が発表した将来人口推計では、

2010年に対しての総人口
2020年→ 400万人減
2030年→1,145万人減
2040年→2,079万人減 

2010年に対しての生産年齢人口
2020年→ 760万人減
2030年→1,330万人減
2040年→2,323万人減

これからは人材不足による倒産が増えることは間違いないようです。

http://www.murata-brg.co.jp/weblog/2017/02/09


ある日の富士山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です