3月21日(火)午後に法政大学で開催される第7回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」授賞式

3月21日(火)午後に法政大学で開催される第7回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」授賞式。

第1回から6回の受賞企業をふりかえりたい。
肩書きは受賞当時のものです。

毎回、10数社と決まっていて表彰する賞ではありません。
1000社応募があって100社を表彰する賞です。

ただ、厳しい5つの応募基準があったり、審査基準も残業は月間10時間以内等と厳しい。
厳しい賞だが、毎年、受賞企業がある。

贈呈される賞は、最も質素だが受賞すると喜びが続く。
授賞式に集まる800人の拍手が最も嬉しいかも。
会場の雰囲気は今まで経験したことがないもの。表現ができない。

3回

・経済産業大臣賞
株式会社 富士メガネ:代表取締役会長兼社長 金井 昭雄
 視力とメガネのスペシャリストとして弛まぬ研鑽を重ね、“見る喜びに奉仕”という社是の具現化を目指してきた。
 社員の喜びが更なる顧客満足に繋がるような経営で、地域に根ざし、社業の専門性と人材を活かした視力支援活動、社会貢献活動を継続していきたい。

・中小企業庁長官賞
西精工株式会社:代表取締役社長 西 泰宏
 『今回の受賞を励みとして、これからも「大切なことを大切にできる会社」として、
 大家族主義の精神で、あたたかみのある会社づくりをしていくと共に、地元徳島でのものづくりにこだわり、周りの人や地域に必要とされる会社を目指していきます』

・実行委員長賞
株式会社ケーズホールディングス:代表取締役社長 遠藤 裕之
 今回の受賞は大変光栄です。
 従業員や取引先と良好な関係を築き、お客様へ「本当の親切」を実践し続け、それが当社の成長へとつながっていることが評価されたものと考えております。
 この賞に恥じることのないよう今後も人を大切にする経営に努めてまいります。

・審査委員会特別賞
根上工業株式会社:代表取締役社長 菅野 俊司
 この度は関係者の皆様に感謝申し上げます。
 「中間材料メーカー」の為、私達の製品は消費者に知られることはありませんが、形を変えて皆さんとどこかで出会っているはずです。
 これからも、様々な工業製品を支える「裏方」として技術力を発揮してゆくつもりです。

・審査委員会特別賞
江守商事株式会社:代表取締役社長 江守 清隆
 今回の受賞を大変光栄に感じております。
 今後も全社一丸となって「Mission with Passion~責任ある仕事を、情熱を持ってやり抜く」を信念とし、
 お客様・株主様・社員・地域社会に幸福を提供出来る企業であり続けたいと思います。

・審査委員会特別賞
株式会社協和:代表取締役 若松 種夫
 当社は、消費者の声に耳を傾け、消費者の立場に立ったモノ作りを心掛けてまいりました。
今回の受賞に奢ることなく、会社は社会に支えられているという感謝の気持ちを常に持ち、
 社会の健全な発展に寄与できる企業になるべく、更なる努力を続けてまいります。

・審査委員会特別賞
株式会社さんびる:代表取締役 田中 正彦
 「社員同志お客様」「ご縁がご縁を繋ぐ人づくり」そして「明るく楽しく元気よく」をモットーに、
 社章であり「さんちゃん」の愛称でも親しまれるキャラクターと共に、この度の受賞を機に、良い会社と幸せをお届けする人づくりを目指して未来に進んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です