食べ物だけでなくサービスも大切だ

昨日のお昼前に次世代の名古屋を背負う若手経営者とお会いした。

この機会に台湾に本店を置く小籠包で有名なお店に開店11時に入った。
20名程度が並んでいた。

小籠包と麺は美味しかったが。バレンタインのチョコ入りの小籠包はチョコだけの方が美味しい。
問題は店員の応対が普通以下であった。
この店、数年前の開店時の行列を見て他の店に行ったほどだった。
11時50分くらいに店を出たが満席ではなかった。

1階のバームクーヘンが美味しい店も数年前の開店時から数か月は行列ができたが、思ったより美味しくなく開店数名古屋駅直属の12階と13階のレストラン街の40%程度の店は行列だった。
か月で行列はできなくなった。
滋賀県の本店のバームクーヘンは美味しいが。
役員の方に上手くないと言ったが逃げていた。トップに言った方が良かったか。

名古屋店の機械か材料か社員のいずれかまたは、複数に問題があると思う。

オーナーシェフがテレビに出演したり美味しいお店が名古屋市内にもオープンして現在もある。
開店当初は電話も話し中でつながらないイタリアンの店があり、4年前の定年退職前に、年末の結婚記念日の予約の電話を妻がしたらすぐに予約ができたとのこと。

結婚記念日、18時の開店前に20名ほどが小雨の中を待った。年末なので寒い。
店員らしい1名が外に居たが一言も言葉はなかった。
開店後、オーダーをなかなか取りにこないのでこちらから呼んだ。
店の名前の由来を聞き、高級店でないことは分かった。
料理も有名なオーナーシェフの味ではなかった。もっと酷いのは店員の対応だ。
会計の時に二度とお宅の店に行かないと言った。
数日前にオーナーシェフがテレビに出ていたのでまだあるらしい。

遠隔地で他店舗展開をする場合は、味とサービス共には厳しいようだ。

7年前にウィーンのチョコレートケーキで有名な店に行った、小雨もあり妻と二人だけだった。
シシィや夫とその母のゾフイーの肖像があった。愛犬シシィはオーストリア皇后エリザベートの愛称でウィーンではシシィで呼ばれている。
憧れの店に入れたと妻は感激したが、
若い男女の店員はおしゃべりを続けて対応なし。
ウィーンに限らずチョコは日本人には甘すぎる。

美味しくて店員さんの応対が共に良い所。

兵庫県西宮市の「ツマガリ」近くの宝ジェンヌも好物のようだ。

静岡県菊川市、掛川市、浜松市、島田市、牧ノ原市等にお店がある「たこ満」。
美味しいし店員さんの応対も満足だ。

愛媛県の田舎イタリアン「マルブン」、大阪市の「ル・クロ」、、。増えている。

私の自宅から車で数分の和菓子屋。時々、お土産を購入しに寄っていたが、秋に店長が替わったのか、入店してから出てくるお茶のサービスがなくなった。

少々店まで時間がかかるが昨日は別の店にお土産を買いに行った。
お茶のサービスもある。

が、たこ満の味とサービスを知っているので少々物足りない。
30年程前か新潟でホテルでこしひかりを食べてから松本での我が家の米はかなわず舌が戻るまでは1か月かかった。

最近、人口増では我が国の一位二位を争う長久手区役所に行った。
職員の対応がイマイチ。
市(町)長に替わる前は対応は役所的ではなかった。
知事、市長等の首長の選挙は大切だ。

大学院に学んで3年が経過するが、経済は、雇用は首長次第で任期1年目から職員の態度に表れて2年後からは経済・雇用数字として表れてくるので選挙は大切であることを学んだ。
長久手市のとなりの名古屋市の市長選も近い。
私は、議員や職員に評判が悪い現市長を替えた方が良いと思うが、新しい候補を推薦しているのは自民党だけだ。
他の政党は様子見で情けない。

ちなみに名古屋市も人口が増えている。
人口が増えているので長久手市と合わせて市長がどうしたいかという夢、ビジョンを明確にすることが大切だが見えない。

最初に紹介した名古屋市の若手経営者と話すと、その目からは名古屋市の10~20年後は夢が持てると思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です