3月21日(火) 午後、法政大学で開催

3月21日(火) 午後、法政大学で開催される
「日本でいちばん大切にする会社大賞」の授賞式。

1~6回の受賞企業をふりかえりたい
代表者名は受賞当時のものです。

4回

・中小企業庁長官賞
沢根スプリング株式会社: 代表取締役 沢根 孝佳
 名誉ある賞を受賞し大変光栄に思います。
 小さな町工場でありたい姿とは大きなギャップがありますが、会社を永続させる、人生を大切にするなどの経営理念のもと、
 これからも社員さんと共に「ゆとりと幸せ実現経営」を目指してまいります。

・実行委員長賞
LFC株式会社:代表取締役社長 井上 武
 会社設立十年目の記念の年に受賞できたことを大変光栄に思います。
 大家族主義を基に「社員が幸せになる会社」を目指してきましたが、
 今後は、さらに地域貢献・社会貢献ができる会社を目指して、一層の精進を重ねてゆきたいと思います。

・審査委員会特別賞
株式会社パン・アキモト:代表取締役 秋元 義彦
 今般の受賞は思いもよらず、感謝と気恥ずかしさの交錯です。
 しかし父であり創業社長が目指した、「社会に存在が認められる企業」に近づいたとの評価に、誇らしさを感じます。
 早朝から頑張る製造部、夜遅くまで努力の営業部など、全ての従業員の受賞です。

・審査委員会特別賞
千葉オイレッシュ株式会社:代表取締役 野村 進一
 役に立つ.信頼される.バランス良く発展する会社を合い言葉に、これからも社員と共に確実に成長できる年輪経営を目ざします。
 そして廃棄物のリサイクルを通じて“地域社会からあって良かった”と言われるような会社にしていきたい。

・審査委員会特別賞
株式会社ルバンシュ:代表取締役 千田 和弘
 「審査委員会特別賞」を拝受できましたことを、社員一同大変喜んでいます。
 審査委員の先生からアドバイスを頂戴できただけでも、この賞に応募した価値がありました。
 本当にお礼の言葉しかありません。 ありがとうございました。

・審査委員会特別賞
須山木材株式会社:代表取締役 須山 政樹
 「未来に森をつなごう」との思いで、木を育て間伐し、使っていくという循環型林業を目指していく中で、 この度受賞できたことを大変光栄に感じております。
 「お客様のために お客様と共に」をモットーに地域資源を活かした企業活動と社会貢献を続けてまいります。

・審査委員会特別賞
株式会社宇佐ランタン:代表取締役社長 谷川 忠洋
 この度の入賞有難うございます。
 地方の片隅で知的障がい者を受け入れた伝統産業の提灯作りの始まりは1981年でした。
 以来33年間試行錯誤を重ねて障がい者の潜在能力をいかに引出せるかが最大の課題でした。本日を迎えられて嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です