生きていて自ら受賞して欲しかった


550名を超えるお申し込みをいただきありがとうございます。
申し込みの締め切りは、来週14日(火)です。

生きていて自ら受賞して欲しかった。

服部さん
の前では、できないとは言えない。

服部さんには、国に知って動いて欲しかった二つの強い想いがあった。
1.障がい者、特に、服部さんのように外面は健常者に見えるが内部障がい者の現実を知って欲しい。
2.現実を知って、障がい者がイキイキと働ける職場をたくさん創って働きに見合う賃金を確保して欲しい。

2014年11月2日と今年の3月3日の中日・東京新聞の社説に「服部さん」、「人を大切にする経営学会」、「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」が紹介された。
記者に感謝したい。

去年の11月4日は岐阜女子大学で自分の体験を講義し女子大生の涙を誘うと同時に強く生きるという想いを抱かせた。
葬儀には、服部さんを慕った数名が車椅子で、内部障がいの方を含めて若い方も多く参列した。

2014年の「人を大切にする経営学会の設立総会」には、歴史的瞬間なので這っていても出席すると言って出席した服部さん。
その会場の法政大学のさったホールで、三人兄弟のお姉さん、弟さん、家族、会社の代表と合わせて5名が服部さんの意思を継いで登壇する。

実行委員会特別賞
企業名:株式会社ウェルテクノス
所在地:岐阜県大垣市鳩部屋町35
業種 :コンピュ-タシステム開発、障がい者(雇用)支援
社員数:7
設立 :2006年
受賞理由:
1)創業社長服部義典氏(昨年12月永眠)は、心臓を始めとする臓器がすべて逆、先天性の身体障害者手帳1種1級の重度障害者。自ら障がい者中心の会社を設立し、10年以上に渡り障がい者雇用創出に尽力してきた。
2)B型支援施設において月額1万5千円弱の中、通常の健常者により運営される会社同様に賃金を支払い、賞与も4~5カ月となっている。
3)トップも含め、ほとんどが障がい者で運営されながらも、社会福祉法人等ではなく、一般企業の条件下で運営できることを証明している。
4)農業が好きな障がい者の自己実現のために、農業事業をスタートさせた。

第7回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞(表彰式)

●日 時:2017年3月21日(火) 午後1時~午後7時30分(12時受付開始)

●プログラム
 13:00~
 ■ 主催者挨拶
 ■ 審査委員長講評
 ■ 来賓挨拶及び表彰式
  1.来賓挨拶
  2.「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞授与
  3.「人を大切にする経営学に関する研究奨励賞」の顕彰
  4.記念撮影
 ■ 特別講演「私を生きる」
   内閣総理大臣夫人 安倍昭恵氏
 ■ 受賞企業代表スピーチ
  経済産業大臣賞、厚生労働大臣賞、中小企業庁長官賞 ほか

 17:30~  
 ■ 交流懇親会(定員200名) 
  法政大学内ボアソナード・タワー26階
 「スカイホール」にて
  (参加費:5,000円。事前のお申し込みとご入金をお願いします)

●会 場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 外濠校舎 6階さったホール
    東京都千代田区富士見2-17-1 
    【JR・地下鉄 市ヶ谷駅・飯田橋駅より徒歩10分】

●参加費 無料  ※交流懇親会にご参加の場合は実費5,000円が、かかります。

●お申し込み期限 2017年3月14日(火)

https://www.form-answer.com/applications/WHRFW

人を大切にする経営学会会員でなくても参加可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です