「アサノ設備」の浅野社長ご夫婦を紹介された

昨年の2月末、法政大学大学院 坂本光司ゼミ、春合宿は香川県と徳島県の春合宿だった。
終了後、好奇心旺盛な坂本教授、山内さん、私と石川さんが運転するレンタカーで、愛媛県八幡浜市まで3時間以上かけて狂気の沙汰のオプションで向かった。

車内の会話は4人だけの秘話で懐かしい。

第5回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」受賞企業の横浜市の「さくら住宅」さんの二宮社長の故郷でもある。
二宮社長の紹介で移動後に、「アサノ設備」の浅野社長ご夫婦を紹介された。

昨日発売された坂本教授とゼミ生が執筆した「日本のいい会社」の218Pから紹介されている。

こんな狭い町で地域に優しい会社がある。我が社は立地が良くないとの言い訳はできない。

翌日、同市で大きく雇用貢献をしている「あわしま堂」さんを訪問させていただいた。
コンビニやスーパーで販売している和菓子で、私が「美味いのに安すぎるので買わなかった」と木綱社長に言った。
以来、あわしま堂ファンだ。

あわしま堂さんの本社内で販売されているあんこが入った饅頭をキャリングケースに詰め込んだ私。教授も詰め込んでいた。
帰りの飛行場に向かう教授始め3人の羽田への搭乗時刻に間に合わせるために、名古屋に電車で帰る私を路上に置いていかれたことを思い出す。
饅頭だらけで「重い」キャリングケースをタクシーと行き会うまでに20分間、ようやくタクシーを拾え電車の時刻に間に合った苦い思い出まで思い出した。
電車に乗り、饅頭をやけ食いして鬱憤を晴らしたか、疲れてすぐ寝入ったかは定かでない。

二宮社長、教授の「日本でいちばん大切にしたい会社」5に共に掲載された大阪市の「天彦産業」の樋口社長と串カツ屋で数日前に会談し、教授の話もたくさん出たようだ。
人間ドックで病気がみつかり、年末に脳を切開し世のため人のために生き残り、アチコチで動き回った樋口社長を教授が「無理するな」と激高したらしいが、その話が出たかも定かでない。

「日本のいい会社」、アマゾンでは、

https://www.amazon.co.jp/dp/4623080382/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1492669688&sr=1-1&keywords=%E5%9D%82%E6%9C%AC%E5%85%89%E5%8F%B8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です