本物の人物か分かる

法政大学大学院 坂本 光司教授の授業。

有名なお店をある本で紹介した。
読者等からなぜ、別のお店を紹介しなかったのかと言われた。

理由はいくつかあっただろうが、授業では、「視察を申し込むには私(教授)しか無理だと思う」と言われた。

TKC在職中から分かっていた。
女性社員でも誰でも対応は変えない。
本物の人物か分かる。

私は、坂本教授と視察して、後日、自分一人でお店に行くことがある。
対応が違う場合がある。

静岡県浜松市の「長坂養蜂場」さんへは時々、伺う。

社長でも誰でも対応は一緒だ。

同社、5年以上前は、お客様への対応は変わらなかったようだが、顧客第一主義が過ぎて離職者が頻発したブラック企業だったようだ。

社員とその家族が第一、社員だけでなくミツバチも家族、仲間とした。
味とサービスは磨かれている。兄弟もぶんぶんブラザーズだ。

会計事務所も立派な会計事務所へ変更した。ますます、素晴らしい会社になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です