48年・約半世紀

野口具秋です。

熱海まであっけなく着いてしまう。乗車時間は40分ほど。
降りたった駅舎は記憶と全く違う景色だった。
向かうはホテル「ニューアカオ」。
幹事の言葉を引用すると、熱海後楽園ホテルに次ぐのだそうだ。
中味は不明だ。「お宮と貫一」金色夜叉、
自殺の名所「錦ケ浦」を何人知る。
その錦ヶ浦に建てられたホテルのようだ。
部屋からは、どのような地形であったか想像できなかった。

なんといっても48年ぶり、大学卒業後初めてのクラス会だ。
一部を除いて半世紀ぶりで、当方の事情もありさっぱり。
丁寧に説明して了解をお願いする。
あにはからんや大部分の同級生が覚えていた。
目立った奴だったようだ。56人中17人が全国からやって来た。
宴会を終え、カラオケ、部屋での3次会の頃には大騒ぎだ。
半世紀の時間がぶっ飛んだ。
日曜日のプランにも拘らず、宿泊者は700人。
バブル残骸・大ホールでの朝食風景は壮大だった。

FAを行使して巨人に入団した村田修一(36)内野手が
戦力外通告を受け、臍を噛んでいる。
若返りのために涙を呑んで辞めてもらうと
歯の浮くようなことを言われた。
巨人に入団して良かったのかと振り返っている。
清原も張本も多くがそうだった。子飼いが可愛いに決まっている。

若く役に立ち、素直に言うことを聞く奴を傍に置くのは古来野球、
企業だけではないだろう。

今や遅そしと待ちわびていた。
届きましたぞ。我が家はもうイベントがないのだ。
周りは、みんな片付き、最後の結婚式は息子で3年前だった。
孫たちはこちらの寿命が持たない。あるのは葬式ぐらいのものだ。
気が急くのか、ワイフ殿は招待状が届いた翌朝には投函を迫まる。
12月まで間があるが、着物にする、とか。
金のアクセサリーを探すのだと、今から悩んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です