台湾のサイバーテックさん

25日に法政大学大学院 坂本 光司ゼミで視察した、台湾のサイバーテックさん。

翌日に、法政大学大学院 坂本 光司研究室のFacebookページに投稿していただいた。外邦からの投稿は、研究室のシステム管理者しか見ることができない。当初は、シェアができなかったができた。台湾の読者の200人以上からいいねをいただいた。坂本経営学が広まり感謝をしたい。
紹介させていただく。

日本語訳
教授 日本の大学の坂本は, 実業家と一緒に台湾出張を行った.

翼さんの絶え間ない誠実さと思いやりと, 地球の愛は, 地球の愛は, 最大の共有になりますが, 坂本教授の最も感動的なものです. 台湾果実の準備.

近代的で急速に成長した現代では, 商業的な関心は容易に利用できるが, 愛の文化は比類がない. 坂本教授は万の企業の死後, 哲学を与えられており, 様々な手段や動機を持つことができますが, 彼が親切で思いやりを持たなければならない限り, そのような企業は長く続いているでしょう.

坂本教授のツアーカーが, 翼から離れているのを見て, バイクに乗って, バイクに乗って, 世界中からのお客さんにさよならを言うのを見た. そのような急速な時代には, その翼は, まだロッテと単純な同僚の群れを持っているのを見て, 深く感動している.

#CYBERTEK20
法政大学大学院 坂本光司研究室
佰勁國際 Aabikingや
日本法政大學的坂本光司教授偕同他的企業家學生們,越洋來到台灣習取企業經營經。

榮科始終如一的誠信關懷,及對人、對土地、對地球的愛惜,是此會最大的分享,但更讓坂本教授一行最為感動的,則是榮科媽媽們今早一盤盤親手準備的台灣水果。

在極快速發展的現代,商業利益隨處可拾,但有情的企業文化卻是無比稀貴。坂本教授在看過世上八千家企業後得到了哲理—做事可以有各樣手段與動機,但只要初衷是善良的、是體貼的,這樣的企業終可細水長流。

在當坂本教授一行的遊覽車漸駛離榮科時,看見其中一位工廠媽媽騎著摩托追至路口,就為與遠道探訪的客人們說聲再見。在如此瞬息萬變的世代,看見榮科仍擁有一群樂天單純的同仁們永不變地貢獻,甚為感動並感謝。

#CYBERTEK20
法政大学大学院 坂本光司研究室
佰勁國際 Aabiking

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です