TV、ネットを含め、真実はどこにあるか、長期的な流れ等を見る視点は大切だ。

私は、朝日、中日、日経、日経MJ
とネットを組み合わせている。
皆さんのfacebookの投稿も参考にしている。

昭和50年頃、私は朝日新聞の記者を夢見ていた。

中学1年生から大学を卒業するまで新聞配達と(集金、勧誘は浪人1年間と大学)をやり続けた。

新聞記者の夢をあきらめたのは、2008年頃に廃止された押し紙と
95%の読者は浮気しないが5%は浮気層で数か月毎に新聞を代える。
その度に洗剤等をサービスすることだった。
2つの矛盾が夢を断念させた。

押し紙は赤紙と呼ばれ、年末の12月の1日から31日まで、読者はいないのに数百部の新聞を新聞屋に放りこまれた。

数年前からFacebook等に投稿し続けているのは新聞記者の夢の実現かもしれない。
法政大学大学院 坂本 光司研究室のブログ等は、坂本教授の考え、教えを広めることを目的としている。
話題があちらこちらに飛ぶのはいろいろな考えの人へ届けるためだ。
ただ、自分の儲けや名誉欲を求める方は避けているようだ。

沖縄の2紙は極端に偏っている。
TV、ネットを含め、真実はどこにあるか、長期的な流れ、表面的現象か本質的現象か等を見る視点は大切だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です