脇役が大切だ。

ご冥福を祈る。

ドラマ、演劇、人生、、脇役が大切だ。

「田口 トモロヲ」がいなかったら、「プロジェクトX」の主人公が輝かなかったろう。

プロジェクトXの主人公も知られていない人が多かった。

私は、宝塚歌劇やミュージカルが好きだが、最高の舞台は、主役、脇役、指揮者、演奏家、受付、売り子、、。

全て、自分の役割を演じきった時が最高の舞台となる。

お客様も拍手をしたり役割がある。

会社では早く出てきて雑巾がけを毎日続ける目立たない女性か。

大杉漣さん、最期は『バイプレイヤーズ』共演者に見守られ
 俳優の大杉漣さんが21日、急性心不全のため66歳で亡くなった。
共演者に見守られながらの最期だったという。

テレビ東京によると大杉さんは20日に行われた同局のドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(毎週水曜 後9:54)の撮影に参加。
撮影を終えて宿泊先に戻り食事をとっていたところ腹痛を訴え、松重豊と関係者らに付き添われて救急病院へ。
そのまま、21日の午前3時53分にテレビ東京の関係者、同ドラマの共演者、そして家族に見守られながらの最期を迎えたという。

この日の3話は遺族、事務所、キャストの意向もあり、予定通り放送となった。
同ドラマは、大杉さんら日本を代表する名脇役(バイプレイヤー)たちが共演する人気作品。
大杉さんと共演していた遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研は、突然の訃報に下記のとおりコメントを寄せている。

————————
余りにも突然のことで、メンバー一同、
まだ現実を受け入れられないでいます。
「バイプレイヤーズ」という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。

しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。
永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。
お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください。

漣さん、ありがとうございました。

バイプレイヤーズ一同
遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研
————————

大杉さんは1951年9月27日生まれ、徳島県出身。
74年から88年まで、太田省吾主宰の『転形劇場』で舞台俳優として活躍し、78年に『緊縛いけにえ』で映画デビュー。
以降、映画『ソナチネ』、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』などの多数の作品に出演。
主役を際立たせる名バイプレーヤーとして欠かせない存在となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です