「下請けGメン」の広告がセンスあると思います!

経済産業省と中小企業庁の日刊工業新聞社一面に掲載された広告がいい感じでした。

この手の広告はとかく堅苦しくなりがちなのを、あえて親しみやすく表現されていると思います。

皆さまもそう思いませんか?

それにしても下記のような事を無理強いする会社が後を絶たないのでしょうね。

下請けGメン・「中小企業をいじめる取引は見逃しません」
(1)「発注単価は〇〇%減らす」など、一方的に価格を引き下げられる。
(2)金型の返却や保管料負担を申し込んでも、応じてくれない。
(3)光熱費、原材料費などが上がっても、値上げを認めてくれない。
(4)手手形による支払いが多く、その割引料も加味してくれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です