「日本でいちばん大切にしたい会社」がわかる100の指標

「日本でいちばん大切にしたい会社」がわかる100の指標

坂本光司&坂本光司研究室著

過去、「いい会社」の現場を訪れ、そこで実践されている経営学を詳細に調査すると。これら企業の経営の考え方・進め方は驚くほど共通していました。

「いい会社」の最たる共通項は、これまえ言われてきた経営資源の有無・レベルや、経営戦略、さらにはその手法等というよりは、経営の目的・使命に対する見方・考え方でした。

「いい会社」の経営の目的・使命は、「人」の幸せの追求であり。そのことを最も大切にした経営活動が一貫して行われています。

こうした人をトコトン大切にする「いい会社」が飛躍的に増加すれば、我が国企業ばかりか、我が国そのものが、再び世界の人々が羨望するようないい国になれるのです。

とはいえ具体的にどう経営を進めればいいのが、わかりにくいのが現状なので、「いい会社」の実行している経営学を、誰もが再現可能なように、客観化・係数化するため100の指標としてまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です