中部支部第三回定例フォーラムの様子を報告します。

中部支部第三回定例フォーラムの様子を報告します。

おはようございます。中部支部の諸戸です。
先月、第三回定例フォーラムが開催されました。
そこで本日は、講師のみなさんからいただいた講演の内容をご報告したいと思います。

登壇いただいたのは、坂本先生、さくら住宅二宮社長、天彦産業樋口社長です。
各講師1時間の持ち時間と短い講演となってしまいましたが、充実したお話しをいただきました。

最初に講演いただいたのは、二宮社長です。
冒頭、企業理念「リフォームを通じて社会のお役に立つ会社になる」をご紹介いただき、
・税金を1円でも多く払いたい、社員の給与を1円でも多く払いたい。会社は社会の公器である!
と熱く語っていただきました。

続けて、実践されている五方良しの経営の具体例を説明していただきました。
例えば、社外社員である仕入先さんや協力業者に対しての支払は、
・印刷会社さんや広告会社さん等については請求書が届いたら即日払い
・職人さんについては、通常月は末締め翌月20日払い、12月に限っては1回目が11月末締め12月20日払い、2回目が12月20日締めで12月27日払い
となっているそうです。
年越しのお金が必要だろうという配慮からこのような支払をされているとのことでした。
ちなみに私は上場住宅メーカーの元社員ですが、こんなに短いサイトは考えられないことでした。五方良し経営を徹底して実践されています。

さらに、「経営者としてやってはいけない3つのこと」を披露していただきました。
まず、価格競争に走らない。
徹底的なアフターサービスでお客様をサポートすることで、「さらば価格競争」を実現しておられます。
次に、社員間競争をしない。
目標は必要であるとするもそれをノルマ化させずに、いい社風の維持に努めておられます。
最後に、品揃えを増やさない。
オンリーワンに特化することで、サービス品質を磨き強い財務体質を実現しておられます。

五方良し経営の実践のご紹介にとどまらず、経営戦略論としても大変にためになる講演だったと思います。

続いて登壇いただいたのは、天彦産業樋口社長です。
樋口社長の講演も大変ためになるものでしたが、紙面の都合もありますので、内容は、次回の私の投稿順でご紹介したいと思います。
ご期待ください。

中部支部事務局 諸戸和晃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です