強く生きたいあなたへ~杉山フルーツさん

坂本光司教授は、「強く生きたいあなたへ」の中で、問題には、現象問題と本質問題があり、本質問題に取り組むべきと説く。
また、私たちは「主観」「短観」「ローカル観」で物事を見てしまいがちなので、意識して「客観」「歴史観」「世界観」で見るように、と説く。
静岡県富士市、吉原商店街にある杉山フルーツさんは、大手小売店2店の撤退を受け、集客力が急落した商店街の危機という問題に直面した。現象問題は、大手小売店の撤退による集客力の急落による売り上げ激減。本質問題は、大手に依存してきた自らの意識にある、として、意識を大手依存から自立へと革新した。そして杉山清社長は、自店を贈答品専門に特化したフルーツ店と規定した。
意識を変えるだけで、方向性が変わったということなのかな。
その後、高品質のフルーツを求めて産地行脚、ラッピングの研究、イベントやネット通販の注力、フルーツゼリー商品の開発など、努力を重ねた。
現在、全国百貨店の催事で行列のできるフルーツゼリー店としても有名。私は店舗に行ったことがないので、9月の都内の百貨店の催事に是非行ってみて現物にふれてみるのが、今から楽しみです(笑)。
※「強く生きたいと願う君へ」は、「強く生きたいあなたへ」新書版になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です