衝撃・変化こそ「活かし、モノにする」経営

坂本光司先生と先輩の坂本ゼミ生の方々が執筆されたご本「逆風を追い風に変えた企業」があります。

経済的な衝撃・変化を単にショックと捉えず、日本企業のターニングポイントと見なし、変化・変革に、自らが「主体的かつ戦略的に 」 対応しようと経営革新努力を続けてきた企業が載っています。

それら元気印企業のメンタルの特長は、「企業とは時代適応業」「企業とは環境適応業」「企業とは市場創造業」「企業とは人財育成業」と理解認識していることは当然として、さらに、このターニングポイントを、「 活かし、モノにする 」 経営を するのだ、と考えているところが、 上級メンタルといえます。そして 、愚直に実践しています。

今こそ、お読みになってみてはいかがでしょうか。

(人を大切にする経営学会 本田佳世子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です