おもいやり

クルーズ船の患者を受け入れた4月開院の愛知県岡崎市の藤田医科大岡崎医療センター。

近くの岡崎小学校はウィルス小学校と言われ辛いこともあったが、校長先生が先頭に立ち患者を受け入れる理由や感染防止策等を話した。

子供達は話し合って患者、医師、看護師に絵をプレゼントする等励ました。

子供達の優しさに涙をした。
開院後、子供達の絵は病院に飾られると思う。

その小学校
19日に卒業式があった。
120名の卒業生に医師や看護師の12人が訪れて卒業生一人一人に「温かい言葉がうれしくて泣けた。中学生になっても今の気持ちを忘れないで」とチューリップを贈った。

チューリップの花言葉は
「おもいやり」

子供達はおもいやりのある大人になる。

「人を大切にする経営学会」
中部支部
知野 進一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です