今こそイノベーションを!

「人を大切にする会社」は、平時においても、

いつもイノベーションの努力を怠らず、日々前へ前へと進んでいます。

これは簡単にできることはありません。

しかし、新型コロナウイルスの影響を受けている今こそ、

どの会社もイノベーションが必要なのではないでしょうか。

▼新型コロナウイルスに伴う特別貸付

 日本政策金融公庫、保証協会、商工中金等の公的金融機関が、

新型コロナウイルスに伴う売上減少等のための

特別貸付を実施しています。例えば日本政策金融公庫は、

特別枠として3億円を融資上限としています。

この融資目的は、単なる運転資金だけではなく、

設備投資に対しても貸付を行っています。

 つまり単に延命を図るための融資ではないということです。

▼将来に繋がるイノベーションを

 このように日本政策金融公庫の貸付金について

単に運転資金のみでなく、設備投資を目的としているのは、

この特別融資が「事業継続の蓋然性が見込まれる中小企業・

小規模事業者に、カンフル剤を注入して時間的猶予を与え、その間に

経営改革・改善や事業再生に真剣に取り組んでもらうことを狙ったもの」

(日本政策金融公庫中小企業事業本部企画支援部長鋸屋弘氏)

だからでしょう。

 仮に新型コロナウイルスの危機が去ったとしても、

今回の緊急事態宣言等を契機に日本経済のサイクル自体が

新しい形態に変わってしまう可能性があります。

もはや、社会は新型コロナウイルス禍の前のままの

状態に戻ることはないと思っている方も多いと思います。

だからこそ、「人を大切にする会社」の日々のイノベーションの

努力を見習い、全ての中小企業に対して、

将来の日本経済のあり方を見据えたイノベーションを起こすべく、

大胆に着手していくことが求められているように思います。

災い転じて福となす。日本人は逆境に強いはずです。

みんなで力を合わせて、この事態を乗り切りましょう。

(学会 法務研究部会 常務理事 弁護士山田勝彦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です