凹は点字名刺のユニバーサルデザイン

日本理化学工業の亡くなられた大山会長のお嬢さんの大山真里さんの水曜日の投稿。

本日、点字名刺が届きました!

ブックカバーチャレンジでバトンを受け取ってくださった知野進一郎さんからのご縁で、知野さんのバトンを受け取ってくださった斯波千秋さんが理事長のNPO法人六星 ウイズ蜆塚さんで、普通の名刺に点字を入れる事業を行っています。

視覚に障害をお持ちの方のB型事業所で、『日本でいちばん大切にしたい会社7』のP.129〜NPO法人六星、2か所のウイズさんが掲載されています。

知野さんの「浜松市中区蜆塚と浜松市東区半田の2か所に50名の目が見えなかったり見えにくい方が生き生き働いている。7年前に初めて訪問した時は笑顔で働いているのに驚愕した。

名刺を100枚送れば点字を入れて返送してくれる。封筒は毎月、点字版、広報はままつを発行した残りの紙だ。

目が見えない方と見えにくい方がペアで点字にする。凹はユニバーサルデザインで世界共通だ。100枚で1,000円だ。元版は無料。
点字名刺はリピート商品だ。彼等彼女達の貴重な収入になる」

というご説明に、私も注文させていただこうと早速お願いしました。
月曜日に名刺到着とともに作業をしてくださり、本日、私の手元に届きました。

名刺の左下には、凹みがあり、上下表裏がわかるようになっています。
すでに印刷済みの名刺では、点字を入れる位置が難しいので、どうしても伝えたいところを電話で相談しながら、デザインを考えてくださいました。

点字の入れ方には決まりがあり、それを知ることは、知らない世界が広がって楽しいことだと思いました。

斯波さん、岩本さん、丁寧なお仕事でスピード納品をありがとうございました!
たくさんの方にお会いして、点字の説明と、またリピート注文ができるように頑張りますね。

「人を大切にする経営学会」

中部支部

知野 進一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です