No133記憶に残る経営者の言葉33 特殊衣料(北海道西区;リネンサプライ、衣料製造業)池田啓子社長(現会長)

今回は2017年3月の「第7回日本でいちばん大切にしたい会社大賞」にて審査委員会特別賞を受賞された『株式会社特殊衣料』さんをご紹介致します。また池田啓子会長は平成30年度 第17回渋沢栄一賞を受賞されています。

創業者;田中弘氏は元北海道庁職員でした。社会福祉法人出向の経験から同庁を早期退職し、1979年に特殊衣料を創業。病院や福祉施設向けのリネンサプライ事業をスタートしています。池田社長(現会長)の叔父にあたります。

池田社長(現会長)は1984年の工場移転を機に週1回経理のパートアルバイトに誘われ、事業に魅力を感じていったそうです。1996年2代目の社長に就任されました。

2004年には新たに「社会福祉法人ともに福祉会」の認可を受け、今では定員40名の就労移行支援事業として年平均7名が一般企業に就職。半年定着95%、3年定着85%を誇っています。

社会福祉法人ともに福祉会 http://www.tomoni-f.or.jp/index.html

オンラインショップがあり毎年こちらの卓上カレンダーを楽しみにしています。

池田社長(現会長)は、“私は失敗ばかりで、思いばかりが強い”と謙虚で誠実な方でしたが、“課題解決をするとこで新たなチャンスが広がる”、“社員の幸せが会社の発展につながる”とおっしゃっていたことは、同社を訪問したときの空気からも感じ取ることができ、力強さとともにしなやかで自然な経営をされているのだと感じた訪問でした。

以前に投稿した記事は 特殊衣料【No7いい会社視察2017/9/11】 このブログ内を検索してご参照ください。

***補足***

この投稿では「法政大学大学院 政策創造研究科 坂本研究室」や「人を大切にする経営学会」での経験をもとに毎週火曜日にお届けしております。個人的な認識をもとにした投稿になりますので、間違いや誤解をまねく表現等あった場合はご容赦いただければ幸いです。(人を大切にする経営学会会員;桝谷光洋)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です