コロナの時代の経営学

コロナの時代の経営学

再び緊急事態宣言が発出されました。

こうした時代の生き残りは、以下の2つが重要になると思います

まずは、商品面で言うならば「真に世のため人のために役立つ、無くてはならない価値提供企業になること」

市場バランス面と財務面で言うならば、「7割程度の操業でも、社員の命と生活を守ることのできる、バランスの取れた商品構成と、強くてしなやかな財務体質企業になること」です。

一日も早く終息して欲しいコロナですが、考え方によっては、コロナは、私たちに、激動にあたふたしない、へこたれない「真に本物企業になる」ことを求めているのです。

終息すべきはコロナだけではなく、「環境依存・追随型の企業経営」・「フル操業型の企業経営」・「景気・流行期待型の企業経営」「業績追求型の企業経営」なのかもしれません。

坂本光司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です