「夢の実現には意思の力よりイメージの力が大きい」

ビジネスのメンタルについてです。
オリンピック・メダリストは、メンタル・トレーニングにイメージをとりいれます。
例えば、金メダルを首にかけた時の重さ、噛んだときの歯ごたえ、観客からの声援、などをクリアに鮮明にイメージするそうです。感極まると涙することもあるとか。

また、上場したある経営者は、ずーっとイメージをし続けていたそうですよ。
鐘を鳴らす音、揺れる鐘の波動で自分の髪の毛が数本なびくさま、など。結果、現実になりました。

チャールズ・チャップリンが、名作『ライムライト』の中で、こう語っています。
「人生に必要なのは、勇気と想像力と、ほんの少しのお金」

うまくいかないとき、失意のときこそ、勇気を出して、
「今の谷間があるかこそ、頂上に行ったハッピーエンドを1000倍楽しめる。今はその前段階なのさ!」ととらえて、ハッピーなことをイマジネーションを駆使してイメージしてみませんか(笑)

ちなみに、私は心や潜在意識にはたらきかける、と言っていますが、医者はその表現はしないそうです。医者は「脳科学を活用して」と表現するらしいですよ。

(人を大切にする経営学会会員 本田佳世子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です