新型コロナから自分と社員を守る

新型コロナから自分と社員を守る

ワクチン接種まで数か月

自分と社員を守る。

◯欧米人はネアンデルタール人の血を受け継いでかかり易く重症化しやすいようだ。日本人を含む東アジア人はネアンデルタール人の血は継いでいないようだ。NHKスペシャル「新型コロナ 全論文解読~AIで迫る いま知りたいこと~」(11月8日

◯新型コロナ菌を入れない
マスク着用、うがい、三密回避が要諦だ。

昼間マスクをしてお茶をしても話し込みマスク無しもコロナ菌をもらい移す可能性がある。老害与党議員の夜な夜な会話は、マナーが無い若者の言い訳材料になり感染蔓延の可能性を高くする。


政府の非常事態宣言は20時以降の飲食自粛と宣言したが、業種に関係なく会話にはマスクを着けてが妥当と思う。

◯体内に入っても
免疫力の有無と強さが分かれ目だ。
ビタミンDは効くと言われている。私はサプリメントを10月9日から毎日飲んでいる。
紅茶や緑茶がコロナ菌を30分で殆ど死滅する研究が11月27日に奈良県立医科大学から発表された。
私は愛知県に住んでいるので隣りの静岡県では小学校でお茶でうがいをすることを知っていたので11月28日から珈琲から緑茶に替えた。

ウェザーニュースが、「寒くなる時季の飲み物、あなたは何派?」というアンケートを行った(2020年10月7〜8日実施、10,726人回答)。

https://weathernews.jp/s/topics/202011/100095/

緑茶派、紅茶派を圧倒して約7割がコーヒー派であったと言う。

日本人で新型コロナに感染する割合は緑茶派、珈琲派で違いが出ると思う。

私は緑茶を信じ切って飲んでいる。

信じ切ると潜在意識が新型コロナ菌が入ってきても退治してくれる。

緑茶のことをfacebook で拡散したら、坂本光司ゼミの仲間の山元証さんからお礼にお兄さんが経営する緑茶を頂いた。

コメントも頂いた。
祖父、山元薫はお茶に一生を捧げた研究者でした。
日本一の農林大臣賞を3度受賞した他に、国立茶業試験場の場長と共に、無名だったやぶきたの品種を挿し木をして改良し、日本一のブランドに育て上げました。
貧乏な幼少時には、祖父がそんな凄い人だとは思いませんでした。
毎日、ボロを纏って茶畑にばかりいましたから。

30年以上前の話ですが、山手線内に川根茶の手揉み人間国宝が手揉みをする写真と背景に茶畑が全ての車両に全面広告として出ましたが、手揉み職人は祖父と品評会の日本一を争うライバルの高田好一さん、背景の茶畑は祖父の茶畑でした。
祖父は手揉みからお茶刈り機械化に進み、後を継いだ父は、製茶工場の自動化に取り組み、静岡県内で最初に茶畑のセンサーでの霜除け扇風機を導入しました。

こんな先人が感染症から守ってきたと思う。


「人を大切にする経営学会」
中部支部
知野 進一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です