「お天道様は見ているよ」

坂本ゼミでよく坂本光司先生から聞いた言葉のひとつが、「お天道さまは見ているよ」です。

私の場合、まだ未熟なので、「いやー、今のお天道様に見られちゃったな〜、マズイなぁ〜」とヒヤヒヤしながら、生きていますが(失笑)、

本意は、天が見守っている、ということでしょうか?

陰徳を積むと、誰も見てなくても、天が見ている。

あなたのがんばりは、天が見ている。

この言葉、時々、思い出します

他に印象に残っているのは、親と子の例え話です。

あなたが親だとして、お家の食糧事情が悪くなったらどうしますか?

親だったら、

「あんまりお腹が空いていないんだよ。私の分をみんなで分けて食べていいよ」

って、嘘をついて、子どもに食べさせますよね。

経営者は「親」なんですよ!

というようなことを話されました。

(人を大切にする経営学会会員 本田佳世子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です