警備業で障がい者雇用の先駆的存在「ATUホールディングス株式会社」

【警備業で障がい者雇用のパイオニア】

 警備業において障がい者雇用のパイオニア的存在、それがATUホールディングス株式会社(福岡市博多区)です。福岡市とその周辺地域が営業エリアの設立10年の会社です。

 57人の社員全体のうち、23人が障がい者で、うち身体障がい者7人、知的障がい者6人、精神障がい者10人、障がい者雇用率は51%、引きこもりや生活困窮者5人、70歳以上が7人です。警備業界の障がい者雇用率は身体の障がい者の雇用がほとんどで約1%といわれますから、同社の障がい者雇用の取組は驚異的といえます。

 実は、代表の岩崎龍太郎さんは、坂本光司研究室の私の先輩です。いつも笑顔で大きな声でけらけらと笑う印象がありました。でも時に真剣になると、不動明王のような鋭い眼光と厳しさを垣間見せる時がありました。

 今秋に発行予定の学会の機関誌「人を大切にする経営」2号に、岩崎龍太郎さんの障がい者雇用の取組が載ります。岩崎さんも最初は、警備業の障がい者雇用を人ごとに感じていた部分もあった普通の人だったのですが、ある出来事、そしてメンターの一言で「警備業に障がい者雇用を採用するんだ!」という強い信念の持ち主に変化、成長されてゆきました。そのほか、具体的に障がい者雇用を上手く進める教育の秘訣についても載っていますので、「障がい者雇用の推進」にご興味ある方や、「リーダーとなっていく人間学」にご興味ある方のご参考になれば、嬉しい限りです。ちなみに写真は、前回の創刊号です。

※警備業で障がい者雇用の先駆的存在「ATUホールディングス株式会社」受賞歴

2016年07月 警備業初の重度障害者多数雇用事業所

2017年12月 福岡市生活困窮者 認定就労訓練事業所

2019年01月 全国中小企業3社目の障害者活躍企業認証

2020年02月 第10回日本でいちばん大切にしたい会社大賞 審査員特別賞

2020年09月 福岡県障がい者雇用優良事業所 知事表彰 、厚生労働省ユースエール認定企業認定

(人を大切にする経営学会会員) 本田佳世子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です