(愛知県から)行って良かった。

(愛知県から)行って良かった。

やはり美味しかった。

設立5年で発達障がい者や精神障がい者200名に

応援したい頑張っている仲間に会えて良かった。

有楽町で逢いましょう!

パリの三つ星レストランで修行した大阪の黒岩オーナーシェフ

がリーダーを務める人を大切にする食堂は30日(月)までオープンしている。

1.素材は野菜は多摩草むらの会の障がい者が作ったもの。黒岩オーナーシェフの出身地の鹿児島名物の黒豚等を使っている。メニューは7種類から選べる。

サラダには入口にあるオーナーシェフ監修の北野エースでも人気なドレッシングを求めてかけたい。我が家にも持ち帰り楽しめる。

2.世界中の障がい者が驚きと感動を世界中に発信している。人を大切にする食堂も新型コロナがなかったら、世界中の人々がその美味しさと、もてなしに驚きと感動を与えた。世界人口の15%が障がい者なので農業や手作り料理を創る契機になればと思う。三軒茶屋にあるアンシェーヌ藍はより美味しくなっているらしい。

多摩草むらの会、アンシェーヌ藍、ル  クロの障がい者も手作りで作っている。

3.人を大切にする食堂始め1階は世界中に日本の伝統文化の宝庫であることを伝える。47都道府県の物産も買える場所でもである。日本の素晴らしさを実感する。こちらは9月5日まで11時30分〜18時30分まで無料で開催している。

こころとも訪ねたい。障がい者は健常者がかなわない素晴らしい能力を持っている事を知る。

4.人を大切にする食堂は11時30分から19時30分までオープンしている。3.に参加したり銀プラで時間を調整したい。近くには北海道道産子プラザもあり私は夕張メロンソフトクリームを食べた。やはり美味しい。六花亭のお菓子や我が家で料理が楽しめる素材もある。

色々なお店がある。

JR有楽町駅の京橋口から1分にある。

有楽町で逢いましょう!

行けない場合は

クラウドファンディングも目標100万円に対し10万円を切っています。残り3日間です。

↓↓↓https://camp-fire.jp/projects/view/446957

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です