【競合他社と比べ事故1/10、クレーム1/3】

警備業で障がい者雇用を採用するパイオニア的存在のATUホールディングス株式会社(福岡市・代表:岩崎龍太郎さん)の記事を、秋の機関誌発刊に向けて校正中です。

前回、気がつきませんでしたが、警備業に取り組む障がい者の方の真面目さ、集中力は素晴らしいです。その実績は、な、なんと、「競合他社と比べ事故1/10、クレーム1/3」。かなり驚異的な低い発生率を誇っています。

実際、顧客は、障がい者が警備の仕事に就いていることに対して、最初はとまどうものの、実際の障害者の仕事ぶりを見ると、「障がい者の警備員で安全か?生産性は低下しないか?」という不安が打ち消され、立派な働きぶりに納得します。結果、同社に厚い信用を置いているそうです。

私などは、最近は、自身のずぼらさ、いい加減さを息子に叱られることが多くて(苦笑い)、他の母と比べて事故率・クレーム率10/10なので、怠慢、傲慢、慢心を注視しなければと反省していたところ、この数字にハッと驚きました。

皆さんも、驚かれましたか?

そんなATUホールディングス株式会社をはじめ、各企業の人を大切にする経営学会の機関誌2号は今秋に発刊です。※写真は創刊号です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です