人をすり減らす経営はもうやめよう

Wedge10月号 人をすり減らす経営はもうやめよう

師匠である坂本光司先生がコメントされています。

「中小企業に求められる役割とは。

地域社会の需要や課題を敏感に察知し、痒いところに手が届く、御用聞き経営ができるのが中小企業の強みだ。決して大企業からの指示待ち企業に甘んじてはいけない。」

人をすり減らし利益を上げても必ずそのつけは将来払うことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です