自分自身と向き合う

本日も午後から仕事です。
地元の杉並NPO支援センター主催の「ライフ・キャリア・実現セミナー」の講師です。
3年前から継続実施しています。講座受講後、起業した方、やはり子育てに当分専念すると決意された方、一般職から総合職へ転換を果たした方、NPO法人で仕事を始めた方、休業していたけれど職場復帰を果たした方など、勇気を持って、「自分らしい生き方」を踏み出しています。

私の思いが詰まったもので、講師という立場でなく、同じ仲間として、私の失敗や経験を本音で語ることで、参加者の方々が、「仕事」について考え、My ライフ・キャリア・プランを策定してもらいます。

先週、北原先生の「企業経営戦略の実践的研究」では、リーダーシップ論について発表するために、『幸之助論』(ジョン・P・コッター著、金井壽宏監訳 高橋啓訳、ダイヤモンド社)を読みました。お勧め本です。松下幸之助の魂の成長の軌跡と企業人・教育者・哲学者としての軌跡がぴったりと符合しています。

人生には思いがけない出来事が起こり、戸惑うことの連続です。私も、今でも、日々、ドタバタです。
しかし、他に責任を転嫁するのではなく、自分自身としっかり向き合い、精一杯の自助努力を果たしていく、魂の成長を図っていく、その結果が仕事の成果に繋がっていくことは周知のことですよね。

今週もいくつかのレポート課題がありますが、アカデミック学問とリアルな目の前にある仕事に取り組み、坂本先生のご金言である、前へ前へと進んでいきましょう。

それでは、皆さま、ごきげんよう。Yumi.O

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です