「理想の会社をつくるたった7つの方法」

「理想の会社をつくるたった7つの方法」

パソナキャリアさんと法政大学大学院 坂本 光司研究室(ゼミ)の創った「社員満足度調査」5万人のデータだ。

坂本教授、ゼミ生も多分、こうではないかと思った仮説を「やはり、そうか」、「あれ、実際はこうなんだ」等、学ばせていただいた。

Part
1は、パソナキャリアの渡辺プレジデントの生い立ちから自社での苦悩、希望の連続の体験、そして日本中の企業に希望、夢をともがき苦しみながら6年間、5万人のデータから一つの結論を出した内容。

2は、5万人の中でも顕著に満足度が顕著に高い18社の事例を取り上げた。

3と「終わりに」は、坂本教授が「変わり者」と言われながら、「理想の会社はすべての人を幸せ」にすると従来からの主張をまとめている。

1.2.3、どこから入っても良い。

201Pの14の質問から入る場合も良いだろう。

埼玉県の石坂産業さん、静岡県の長坂養蜂場さん、、計18社の事例も紹介している。
2社とも、本日も賑わうだろう。

「理想の会社をつくるたった7つの方法 (日本でいちばん大切にしたい会社・サーベイ編) 単行本(ソフトカバー)
坂本光司 (著) 渡辺尚 (著) ¥ 1,512 (税込)
パサナキャリアのメンバーと坂本ゼミのメンバーの8年間の結晶!

アマゾンは、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です