結果として65社の自薦、他薦になった


11月6日に第8回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の自薦、他薦の締め切らせていただいた。
昨年は70社ほどの自薦、他薦で70社の応募をいただいたが、今年は105社からいただいた。
感謝したい。
この賞は、辞退される方が4割程度いる。
結果として65社の自薦、他薦になった。

表彰式は、3月16日(金)だ。

受賞の盾等、多分、お金は一番安い賞だと思いますが、多くの方の拍手が、受賞企業の社員。スタッフ、経営陣とその家族、その関連会社等すべての人の喜びにつながります。

何、お前の会社がとった。俺も続く。
特に障がい者の社員、スタッフ、経営陣が嬉しいだろう。

第9回は、海外の企業が表彰されるかもしれない。

「人を幸せにする経営」-言葉にすることは簡単ですが、実践するのはとても難しいことです。
本賞における「人」とは、1従業員とその家族、2外注先・仕入先、3顧客、4地域社会、5株主の5者を指します。
人を幸せにしていれば結果的に業績も上がるはずです。そんな大切な会社を1社でも増やしたいという思いで顕彰制度がスタートしました。

応募資格
過去5年以上にわたって、以下の5つの条件に全て該当していること
1.希望退職者の募集など人員整理(リストラ)をしていない

2.仕入先や協力企業に対し一方的なコストダウン等していない

3.重大な労働災害等を発生させていない

4.障がい者雇用は法定雇用率以上である

  注1) 常勤雇用50人以下の企業で障がい者を雇用していない場合は、障がい者就労施設等からの物品やサービスの購入等、雇用に準ずる取り組みがあること

  注2) 本人の希望等で、障がい者手帳の発行を受けていない場合は実質で判断する。

5.営業黒字(除くNPO法人・社会福祉法人・教育機関等)である

参考になる本は、
「いい会社」のつくり方-人と社会を大切にする経営 10の方法- 単行本(ソフトカバー)
– 2016/8/5、藤井 正隆 (著),坂本 光司 (監修)だ。

自薦して落ちて5年目に受賞した企業もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です