私が社会人大学院に入学した4年前は、M字カーブという常識だった。

私が社会人大学院に入学した4年前は、M字カーブという常識だった。

ほぼ解消され、アメリカとフランスを抜いた。

女性が働き易い制度は大切だが、それ以上に社長や部門長にこの上司を支えようとする女性が信頼できる自己成長と風土が必要だ。

制度ありきでは崩壊する。

女性はこの男性上司ならと思うと尽くす母性がある。

M字カーブ
日本人女性の年齢階級別の労働力率(15歳以上の人口に占める求職中の人も含めた働く人の割合)をグラフで表すと、学校卒業後20歳代でピークに達し、その後、30歳代の出産・育児期に落ち込み、子育てが一段落した40歳代で再上昇し、アルファベットの「M」のかたちに似た曲線を描く傾向が見られます。
「M字型カーブ」とはこのグラフの形態を指し、日本人女性の就業状況の特徴を表す用語としても定着しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です