サッカーのワールドカップ

サッカーのワールドカップ
見応えがある。
1次リーグは簡単に突破できると甘く見た強国が多いのか、本番で実力以上の力を発揮している国が多いのか、迫力がある。

テレビ番組で、ワールドカップで優勝経験があるデンマークの少年指導が紹介された。

ネットですぐ検索ができた。

デンマークサッカー協会 

少年指導10ヵ条

①子どもたちはあなたのモノではない。

②子どもたちはサッカーに夢中だ。

③子どもたちはあなたとともにサッカー人生を歩んでいる。

④子どもたちから求められることはあってもあなたから求めてはいけない。

⑤あなたの欲望を子どもたちを介して満たしてはならない。

⑥アドバイスはしてもあなたの考えを押し付けてはいけない。

⑦子どもの体を守ること。しかし子どもたちの魂まで踏み込んではいけない。

⑧コーチは子どもの心になること。しかし子どもたちに大人のサッカーをさせてはいけない。

⑨コーチが子どもたちのサッカー人生をサポートすることは大切だ。しかし、自分で考えさせることが必要だ。

⑩コーチは子どもを教え導くことはできる。しかし、勝つことが大切か否かを決めるのは子どもたち自身だ。

番組では紹介されなかったが、さらに、
保護者に向けての10ヵ条もある。

①子どもたちが自ら望んだときに試合やトレーニングに参加させてあげましょう。

②試合中はすべてのプレーヤーに励ましの言葉を送りましょう。あなたの息子さんや娘さんにだけではなく。

③成功にも失敗も同じように声援を送りましょう。批判ではなく、ポジティブな声をかけてあげてください。

④コーチの選手起用を尊重しましょう。試合中に選手起用について影響を与えようとするのはやめましょう。

⑤レフェリーの判定を批判するのはやめましょう。

⑥プレッシャーを与えることなくプレーに参加させてあげましょう。

⑦試合の後は結果の話だけでなく、覚えているプレー、楽しかったシーンなどについても話し合いましょう。

⑧節度を守り、分別のある行動をとりましょう。何事も度を越してはいけません。

⑨所属クラブの運営には尊敬の念を持って接しましょう。保護者と指導者間のミーティングでは、明確な指針を持ち、どのような態度で子どもに接するのかを話し合いましょう。

⑩サッカーをプレーしているのは子どもたちです。決してあなた自身ではありません! 

私は、人に優しい企業の社員さんが自主的に言動する会社の社長や部門長のやり方と感じた。

保護者に向けての10か条は社員の家族への10か条か。

監督、選手、家族

社長、社員、家族の信頼をどう構築するのかの10か条もあればと思った。

駅伝の青山学院大学の原監督、
ラグビーの提供大学の岩出監督、
日本サッカーの西野監督、
考えさせる、自主的、
共通している。

「人を大切にする経営学会」
中部支部
知野 進一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です