「柔道選手を奮い立たせる4分の動画」

オリンピック柔道のことで「なるほど!」と思うニュースあり、調べてみました。

「柔道選手を奮い立たせる4分の動画」・・・・・・・・・・

2012年ロンドン五輪後に就任した男子柔道の井上康生監督の発案で、選手の能力を引き出すため、本気で力を入れてきたのがモチベーションビデオ。

13年以降の世界選手権と五輪で選手に見せてきた。

代表選手一人ひとりの個性や発する言葉、長所や課題も考え、勝利の喜びを思い出す試合の映像や、やる気をかき立てるメッセージをBGM付きビデオ。

映像を見る選手の心が躍る。

試合や合宿で撮影した膨大な量の映像を素材に使う。そこに、選手の家族からのメッセージ動画や文字テロップを組み合わせ、選手の好みや映像のテーマに合った音楽をつける。

選手によってビデオを渡すタイミングも違う。試合前日の計量後や試合当日の朝、大会の1週間前を希望する選手もいる・・・・・・・・・・

メダルラッシュとなっている日本ですが、数多くの代表選手がこのようなトレーニングをしていることは間違いありません。

選手たちが努力を重ねてきた結果、何のために、誰のために最大限の力を発揮するのかがメダルへの道だそうです。

「がんばれ、ニッポン!」

写真:TOKYO2020公式HPより 柔道・大野選手金メダル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です