中小企業の減少化が止まりません!

最近、お取引しているA社さんが廃業するという報告があったので、お伺いしてきました。

年齢68歳の社長さんに後継者がいない。

「あと数年は頑張ろうと思ってたけど、コロナ問題で売上が下がり、ここら辺が潮時だ」と判断されたようだ。

下記グラフは中小企業白書2019年度版に掲載されていたもの。

1999年には485万社あった企業数が17年度の2016年には126万社減の359万社。

特に緑色の20人以下の小規模企業118万社の減!

帝国データバンクや日本政策金融公庫の調査結果によると、更に激減していくことが明らか。

「いかに生き残っていくかが大変なことか・・・・」

帝国データバンク2020年11月発表・・・・・・・・・・
全国企業後継者不在率、2011年以降で最低を更新 全国で65.1%、3年連続で低下後継者が見つからないことで、事業が黒字でも廃業を選択する企業は多い。
日本政策金融公庫の調査では、60歳以上の経営者のうち50%超が将来的な廃業を予定。このうち「後継者難」を理由とする廃業が全体の約3割に迫る・・・・・

人を大切にする経営学会 学会員 村田光生

中小企業白書2019度版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です